ようこそ このサイトへお越しくださいましてありがとうございます。当ホームページは、静岡県焼津市で木の家づくりを提案している松永建築が運営しております。
私共では、住宅の新築・増改築・リフォーム工事等を年間に大小合せて50物件程手がけております、一般的に言いますと、いわゆる『地場の小さな工務店』です。

 大手住宅メーカーさんとは違い、きれいなカタログやパンフレットもありませんし、コマーシャルや広告チラシなども出しません。また、専門の営業マンもいませんので訪問営業をすることもありません。またさらにそのような営業活動もたいへん苦手としております。

 でも、そんな営業が苦手な私でも、最近ではこの様なかたちで、たくさんの方々に対し、情報を発信することができるようになり、そしてそれは余計な経費を使わずに、私共とお客様が求める仕事をつないでくれています。

 事業所にとって、営業力は、大変大事なことですが、それに投下される大きな宣伝広告費営業人件費などの回収は、最終的に契約されたお客様から請求に上乗せして頂くしか方法がありません。
しかしこうような経費は、逆にお客様からみれば、ばかげた話なのではないのでしょうか?

 さて、先頃こんな出来事がありました。
あるお宅からリフォーム工事の見積りを依頼された時の出来事です。小さな補修工事の見積りだったのですが、見積書をお持ちしたところ同業他社さんからも見積が出ている事を知らされました。
そしてその見積金額の大きな違いが疑問になり、お伺いして調べたところ、提案プランそのものが違っていたことが判りました。
それは私の提出した『一部分補修プラン』とは異なり、同業他社さんの見積りは『全面改装のプラン』の見積となっていました。もちろん『一部補修プラン』ですから私の見積の方が安かった事は当然ですが、問題は金額ではなく、提案なのです。お客様より伺っていた要望から考えれば、『一部補修工事』で十分納まる工事を、あえて『全面改装のプラン』で提案するという、営業手法そのものが違うということに驚いた次第でした。
リフォーム業者によっては、厳しい売上げのノルマなどもあるのでしょうが、過大な工事を勧めるこの様なやり方は、高齢のお客様の為を思った提案とは到底思えぬ出来事でした。

  また、特に最近良く思うことは、昨今のリフォーム需要の拡大に伴い、それに便乗した悪質ともいえる業者が蔓延している事です。詐欺で捕まるような連中はもっての外ですが、世の中にはそれに近い準悪質ともいえるような業者も多く存在しているようです。これら業者はもちろん、消費者の皆様方には注意すべき大きな問題です。でも我々業者側としてもたいへん深刻な問題です。(理由はいろいろありますがはっきり言ってたいへん迷惑しています)

 このホームページにおきましては、業者の見分け方や日々の業務で感じた事などをおりまぜて皆様にわかりやすく、『お知らせ』というかたちで紹介して行ければ良いと思っております。
皆様の業者選択の基準と、良い家づくり計画のご参考の一助になれば幸いです。
また、ご興味のある部分や、お手持ちのおもしろい情報等ございましたら是非、ご連絡くださいます様、宜しくお願い申し上げます。

                         サイト管理者 松永建築 松永孝良
                                     メールでのお問合せ     

                       ホームへ戻る

Copyright 2006 松永建築. All rights reserved